小平でゲリラ豪雨に遭遇。小平駅から滝のような雨水が…

ゲリラ豪雨

その日は渋谷でタウンウォークの取材をしておりました。

坂の町の取材は結構疲れますが、曇り空で暑さが和らいでいたのでそれが救いでした。

4時頃にポツリポツリと渋谷の空から雨が降り出しました。

結構大粒の雨粒が私の頭皮を直撃。

見上げてみると大きな雨粒が、数は少ないもののはっきりと見て取れるサイズで、それらがヒューっと落下傘のように落ちてくるのです。

 

渋谷から高田馬場まで行き、西武新宿線に乗り換えました。

高田馬場から座席に座っていた私はうつらうつらしていましたが、乗って10分ほど経った頃に隣の線路を特急列車『小江戸号』が通り過ぎるような音がしました。

新幹線並みの轟音で、随分とスピードを出してるなと思っていましたが、1分も経たないうちに再び轟音がしました。

洪水

小江戸号はそんなに頻繁には運転してはいないはず…

 

ふっと目を挙げてみると外はとんでもない大雨、乗客が怯えています。

そしてまたあの轟音が。

落雷だったんですね。

相当近くに落ちていたのだと思われます。
隣の線路の小江戸号の轟音と間違えるほどですから。

 

ひょっとしたらこの電車は途中で停まってしまうかもしれないと思いました。
なんせあの落雷ですから、故障が起きてもおかしくない。

 

その後、無事小平駅に到着しました。

外は滝のような雨です。

足止めされた人たちで駅はかなり混雑していました。

 

小平駅の階段の屋根からは滝のような雨水が流れていました。

運よくバスが来ていたので乗ろうとして雨の中を走ったのですが、一瞬遅く、先に行かれてしまい乗ることができませんでした。(涙)

 

雨は30分くらいは降っていたでしょう。

ゲリラ豪雨の割には長かったと思います。

 

多摩川河川敷では落雷による人身事故もあったようです。

この時期には細心の注意が必要です。

 

急な冷たい風。

大きな雨粒。

空の急変。

濁流

などを察知したら車の中、建物の中などに逃げ込み、河川敷などにいた場合は急な増水の可能性がありますので高いところに避難しましょうね。

あれこれ考えている暇はありません。

被害が発生するのはあっという間ですよ。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

こだいらオクトーバーフェスト

こだいらオクトーバーフェスト開催!まずはここをチェック!

ブルーベリーの木

東京都小平市のゆるキャラ ぶるべーはドライフルーツだった?!

秋祭りはっぴ

小平市民祭り(アカシア祭り)のお楽しみポイント!

屋根ひさし

小平ふるさと村でタイムスリップ! その3:旧小川家住宅玄関棟

永田珈琲の珈琲

小平の美味しいコーヒー、永田珈琲。プロによるワンランク上の味。(街自慢認定)

予約席

小平で美味しいランチ、ディナー。住人がそっと教える厳選7店。家族連れにもオススメ...