古着屋の激戦地区 吉祥寺のアメリカンな店アンバーライオン!

amberlion

JR吉祥寺駅公園口を出て、マルイの右側の道を行くと右手にオレンジ色のAMBER LIONの看板が見えます。

看板には

「デニム修理」

と書かれています。

 

古着屋より先にデニム修理屋さんだったのかはわかりませんが、ダメージの大きなデニム製品は修理などの手を加えて販売しているのかもしれませんね。

アメリカ、ヨーロッパのオールドアイテムがメイン

店舗は階段を登った2階にあります。
狭くて、ちょっと暗い感じの店舗内には、ぎゅうぎゅう詰めで衣類が展示されています。

昔ながらの古着屋さんの雰囲気が漂っています。

ジーンズやジージャンなどに混じって、作業服なども売られています。
シェルのガソリンスタンドの作業服ももろに売られていました。(笑)

誰が買うんでしょうね。
作業服マニアかもしれません。

 

このようなところで作業服が売られているのはちょっと違和感を感じつつ、でも考えてみれば、ジーンズはもともと作業服でしたから、この店の商品は欧米の労働者の服を集めたものと言えなくもありません。

 

スマートなビンテージものというよりは、質実剛健で頑丈なもの、ちょっとカワイイけど頑丈なものを着てみたい人にオススメの古着屋さんですね。

ジーンズの修理を依頼してみるのも面白い

ボロボロになってしまったあなたのジーンズ。

愛着があるものですよね。

アンバーライオンに修理に出されてみてはいかがでしょうか?

 

修理費用の一例ですが、ジーンズの股の部分が擦れて薄くなってしまった部分を補強する修理であれば、4,000円前後でやってくれます。

見積もりだけでもオーケーのようですので、捨てられないジーンズを持ち込んでみましょう。

修理期間は最長で1ヶ月程度を見込んでくださいとのことです。

 

自分のジーンズを修理し続けてどこまでいけるか試してみるのも面白いですよ。

客層

吉祥寺の街をそのまま表しているような幅広い年齢層、雰囲気の人が出入りしています。

売られているものが古くて良いものですから、その辺りのことをわかっている人が来るのでしょうね。
年齢、性別は関係ありません。

商品ジャンル

衣類(シャツ、ジャケット、ジーンズ、作業服など)

アクセサリー
財布
帽子
キャラクターものなど

いづれも欧米の質実剛健さとオールドな可愛いさをイメージさせる品揃え。

価格帯

メインの価格帯は、4、5千円から2、3万円といったところでしょう。

店員の雰囲気

店が狭いだけに店員が近くに感じますが、うるさい事はありません。
比較的ゆったりと品定めができます。

店舗情報

営業時間
12:00-20:00

定休日
年中無休

電話
0422-76-6180

場所
東京都武蔵野市吉祥寺南町1-16-11

関連記事

古着屋
吉祥寺駅の周辺、特に公園口側は古着屋の激戦地区です。 多くはマルイ横の古着屋通りか、その近辺に位置しています。 ...

 

こちらもどうぞ

魅惑の古着ワールド

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

tapastapas8

美味しくて安い吉祥寺ランチ ここは外せないタコの店タパスタパス

井の頭公園写生

井の頭公園の今年(2017年)の紅葉を下見してきました!

ウッドベリーズ本店2

吉祥寺ランチの後のデザートは、あのフローズンヨーグルトで決まり!

tonys pizza3

吉祥寺のピザ老舗で気軽にランチ TONY's ピザ

鳥良1

吉祥寺の鳥専門店 『鳥良』で料亭気分ランチ!

safari2

古着屋の激戦地区 吉祥寺で強気のSAFARI2号店