古着屋の激戦地区 吉祥寺で強気のSAFARI2号店

safari2

JR中央線吉祥寺駅公園口を出て、マルイの右側の道を公園に向かいます。

左手にSAFARI1号店があり、さらに50Mほど公園側に行って横道を左に入ったところに、SAFARI2号店があります。(この記事の最後に住所と地図がありますので参考にしてください)

 

1号店に比べるとグッと趣が違います。

高級感を前面に出した店

1号店の商品はちょっと見、汚い古着、フリマ商品的な感じが強いのですが、2号店の商品は高級感がアップしています。

同時に価格もアップしていて、数千円台のお手頃価格品はほとんどありません。

 

高価なブランド物を新品で購入するには抵抗がある、高価なものをパリパリの新品で身につけるのは気恥ずかしいという人にはうってつけのお店です。

高級ブランドの総合デパート

高級ブランド店は東京の一等地に専門店を構えている場合がほとんどです。

買うものがほぼ決定して一本釣り的な買い物をする場合は、そのような専門店を使うのが手っ取り早く、確実でしょう。

 

しかしSAFARI2号店の面白さは、様々な高級ブランドの総合デパートであることです。

そこでは掘り出し物の発見にとどまらず、ブランド自体の発見をすることができます。

 

こんなブランドがあったのか?
アメリカ製ってこんなに高品質だったのか?
今は無くなってしまったけど、こんな高品質の製品を出していたブランドがあったのか?

 

そんなワクワクする体験ができるのがSAFARI2号店の魅力なんです。

良いものを見分ける眼力は必要

人により良いものは異なります。
でも共通点があります。

それは変わらない良さとでも言えるもので、次の3点が挙げられるでしょう。

  1. 生地/素材の良さ
    生地/素材は後から変更できません。
    いくらデザインが良くてもこの『下地』が低品質なものは早々にあらゆるものが劣化してしまいます。

    ヘタレが早く、飽きを誘発しやすいんですね。

    そして生地/素材の良し悪しを見分ける方法は1つしかありません。

    実物を手に取って観察し、感じることです。

    これには年季が必要です。

    この辺りの年季を豊富に持っている人は、実はあなたの周りにたくさんいます。

    そうおじさん、おばさん達です。
    特に着物や衣類を大事にするおばさん達の眼力は侮れません。(笑)

  2. シンプルなデザインであること
    やたらと紐がぶら下がったパンツとか、左右非対称のシャツなど奇抜なデザインものは、面白いですがすぐに飽きます。

    奇抜なデザインは奇抜であることに寄りかかっている場合が多々あるものです。
    要するに安易なのです。

    シンプルであることは実は大変に難しく、例えば真っ白なYシャツをカッコよく、愛着を持たせるにはデザイナーの底力が必要とされます。

    20歳代でも着ることができるし、50歳代が着ても素敵と言ったシンプルなデザインは、変わらないブランドの条件です。

  3. エージングを楽しめること
    これは上の1、2と大きく関係がありますが、あえて指摘しておきます。

    エージングをプラスに捉えられるための条件は、高品質な素材、シンプルなデザイン、そしてあなた自身がそれを楽しめるユーザーであることなのです。

    もちろん、そんなユーザーであれと強要されるものではありません。

    ちょっとこのようなグッズもいいものだなと感じるようであれば、その感覚を少しずつ育ててみるのも楽しいと思いますよ。

価格帯

商品が一定していませんのでなんとも言えませんが、数万円から数十万円のものまで置かれています。

顧客層

お客がわんさか押しかける店ではありませんが、年齢層は幅広いようです。

店員の雰囲気

高級ブランド店の対応に似ていますね。
遠巻きにこちらを見ているだけで質問をしない限りは話しかけてきません。

逆にこのような状況で質問するのは気が引けますが、素材やブランドに関して聞いてみるのは勉強にもなりますし、大いに結構なことだと思います。

店員も簡単にポンポン売れるとは考えてはいませんので、買わずに帰っても嫌がられません。
お礼くらいは必要ですが。

商品ジャンル

衣類(セーター、シャツ、ジャンパー、ジャケット、スーツ、ジーンズ、パンツ、帽子、手袋など)

バッグ、ポーチ
財布などの小物類

店舗情報

営業時間
11:00〜20:00

定休日
第2木曜日

電話
0422-26-9190

場所
東京都武蔵野市吉祥寺南町1-17-7
吉祥寺南YKビル1F

関連記事

古着屋
吉祥寺駅の周辺、特に公園口側は古着屋の激戦地区です。 多くはマルイ横の古着屋通りか、その近辺に位置しています。 ...

 

こちらもどうぞ

魅惑の古着ワールド

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

井の頭公園写生

井の頭公園の今年(2017年)の紅葉を下見してきました!

ragtag1

吉祥寺は古着屋激戦地区!安心、お手頃のRAGTAG

茂蔵

吉祥寺のちょっとしたお土産 、茂蔵でお惣菜

flamingo

古着屋の激戦地区 吉祥寺のフラミンゴ

JADA

吉祥寺の古着屋ではないインポートショップJA-DAの楽しみ方

リゴレット2

吉祥寺の隠れ家イタリアン、カフェ・リゴレットとの出会い