高円寺の古着屋Forge by ZOOL、じつは○○○屋だった!

Forge by ZOOL2

高円寺の古着屋の中ではちょっと異彩、古着のついでに変わったもの、味のあるものも見つけたい人にオススメのお店がForge by ZOOLです。

 

古着といっても、いろいろな古着がありますよね。

 

今でも新品で購入できるような古着もあれば、今はもう生産されていない古着、さらには量産技術がなかった時代の古着などなど。

 

Forge by ZOOLは今時のものにあまり興味がないというあなたにぴったりのお店です。

面白いのは古着ばかりではない

Forge by ZOOL3

 

Forge by ZOOLの店頭は地味で、一見なんの店なのかよくわかりません。

 

道沿いのウィンドーから見えるのは、スツール、カラトリー、照明器具、ケース、時計、雑誌といった類のものばかりです。

どれも年代を十分に感じさせます。

 

そして店の入り口に回ると、古着、靴、バッグ、アクセサリーなどが見えてきます。

 

この店が扱っている古着は、ビンテージっぽいものが多いように思います。

ちょっとお高い。

 

そして先ほど言ったように、ウインドー側には古道具、家具などがずらりと並んでいる。

私はこういうお店、好きです!

 

家具や道具類は今では手に入らないものばかり、服もおおかた今では売られていないシリーズがほとんではないかと思います。

 

こういった時代物の面白さは、単に骨董趣味ということにとどまらず、現代の量産化された生産ラインからは生み出すことのできない『品質』だと思っています。

 

例えばジーンズ。

かつてのゴワっと硬い糸では織り機を高速で運転させて、ジーンズの生地を大量生産をすることができないため、柔らかいしなやかな糸が多く使われるようになりました。

古い時代のジーンズは使っていくうちに硬さと柔らかさを兼ねたような風合いが出てきたものですが、今のジーンズでは単に痛んでヨレヨレになってしまうような品質レベルになってしまいました。

古鍵

要するに、いろいろなものを量産できなかった時代は、商品は価格で勝負するものではなくて、品質で勝負するものという時代であった、と言えるのではないかと思います。

 

その頃の時代のものが今でもこうして店頭に並べられて売られているというのは、骨董趣味を超えて、品質の高さを証明するものなのではないでしょうか?

 

ユニクロの商品が例えば30年後にいい味出して、どこかの店頭に並ぶことを想像できますか?

今の量産衣類は長くて2、3年で捨てられることを前提に作られていると言っても過言ではないでしょう。

そうしないと量産経済を支えられないからです。

 

私はできればそう言った類のものは身に付けたくないし、身の回りに置きたくないと思っています。

まっ、それはともかく、

Forge by ZOOLは古着屋というよりは、一品物屋

とでもいうべき、私にとっては嬉しいお店なんです。

価格帯

衣類はちょい高め。

店員の雰囲気

別に悪くはない。
接客よりも他の仕事に忙しそう。

店舗情報

営業時間
平日   12:00-20:00
土日   11:00-20:00

定休日
不定休

電話
03-5305-1296

ホームページ
http://zool.jp/index.html

場所
東京都杉並区高円寺南4丁目4−8

 

こちらもどうぞ

魅惑の古着ワールド

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

気象神社4

大事な日のお天気祈願は、高円寺の気象神社で!

高円寺本堂

中央線沿線、高円寺の紅葉は人知れず美しい!スモール&ビューティフル!

ファミマ_サブウェイ荻窪

JR中央線 荻窪駅前 イートイン、喫煙、トイレOK!のコンビニ サブウェイ荻窪フ...

高円寺紅葉201712053

高円寺2017年の紅葉。今週中に行ってください!こぼれ落ちます。(笑)

文禄堂荻窪

荻窪駅前、文禄堂は好奇心をククっと刺激してくれる本屋さん