街歩きにカメラは必携のツールです。

cafeZenon5

街歩きに最適のカメラってなんだと思いますか?

街を歩いているといろいろなものに出会います。

 

タウンウォーカーなら一期一会の出会いを大切にしていきたいもの。

そんなあなたの街歩きライフをサポートするカメラをご紹介します。

スマホでいいじゃん

大昔に『写メ』などという言葉が流行りました。
かつては携帯電話で写真を撮って、メールですぐにお友達に送れるということがすごかったわけです。

今やそれどころじゃありません。
最近のスマホの機能/性能はすごいですからね。

 

写真を撮るばかりではなく、画像編集はできるし、動画撮影/編集なども可能です。

本当に便利です。
大体の撮影はスマホのカメラでどうにかなってしまいます。

ですからスマホを持っている人は、身軽でいたい街歩きで敢えてデジカメなんて必要ないよ、と考えますよね。
当然です。

 

しかしデジタルカメラ、正確にはセンサーサイズが大きくて、Fナンバーの小さい明るいレンズを搭載したカメラは、スマホのカメラに比べると格段に写真の表現力が高いのです。

小さいことを最優先で設計されているスマホ用のカメラは、センサー、レンズは表現力の点で余裕がなく、当分は専用のデジカメには及ばないでしょう。

 

表現力の高いデジカメといえば、今のところデジタル一眼ということになるでしょう。

かつてはコンパクトデジタルカメラが随分と流行りましたが、スマホのカメラが優秀になるにつれ、そのスマホカメラに対する差別化ができなくなり、今やほとんどなくなってしました。
当然の流れですね。

 

そして今生き残っているデジタルカメラはデジイチなわけです。
かつてのデジイチは非常に大きなものでした。
正直言って気軽に持ち出すというものではありません。

でもスマホのカメラとの違いを認識していた人は、場合によってはでかいデジイチを持ち出していたわけです。

でも、できればデカくて重いカメラなんて持ち歩きたくありません。
少なくとも私はそうでした。

 

そんなジレンマを解消してくれたのが、ミラーレス一眼カメラなんです。

ミラーレス一眼カメラはタウンウォーカー必携のツール

デジイチサイズ比較2

(キヤノンEOS 5D、EOS M5)

 

左のカメラがキヤノンEOS 5D、右が同じくEOS M5です。

5Dのセンサーサイズがフルサイズで、M5がその3分の2の大きさのAPS-Cです。
センサーサイズがM5の方が小さくなってしまいましたが、現実的に望める程よいところではないかと思っています。

どうですか?この大きさの違い。

デジイチサイズ比較1

(キヤノンEOS 5D、EOS M5)

 

どうしてもデジイチの画質が欲しい場合は、このでっかい5Dを持ち出すしかなかった私には、M5の小ささ、軽さが何とありがたいことか。

 

かつてのデジイチと比較してみても、M5は十分な実力がありますね。
また動画も撮影できるというのは意外と便利なものです。

 

あなたのタウンウォークの相棒にミラーレス一眼カメラを加えてみてください。

街歩きの楽しさが倍増すること間違いありません。

新しいスマホカメラの動き

iPhone7PlusiPhone7 Plusではスマホカメラの表現力の低さを補うために、焦点距離の違うカメラを2つ搭載して画像合成するということをやっています。

極めて優秀なカメラではありますが、撮影にあたっての余裕の無さは如何ともしがたいです。

レンズ交換の可否まで考えると当分はデジイチの優位が続くと思います。

 

こちらもどうぞ!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

バンドルカード

使いすぎ防止クレジットカードの決定版!バンドルカードは社会人の新しい財布

ドライブスルー葬儀から透けて見える日本人の葬儀事情

映画鑑賞

バレンタインに二人で観たい『お茶の間映画』厳選5邦画をご紹介!

節分

節分の鬼は何故豆ごときで退治されてしまうのか?

スズメバチ3

スズメバチ被害に遭わないために知っておきたい5つの対策

映画鑑賞

正月休みだからこそじっくり観たい『お茶の間映画』厳選5作品をご紹介!