ビットコインの資産は課税対象って本当ですか?

ぼろ儲けイメージ

ここでは私たちの購入したビットコインが、課税対象となるのかについて考えてみます。

ビットコインは、基本的には右肩上がりで日本円に対して値上がりが続いていますので、保有者は課税に関して知識を持っておくべきでしょう。

ただし暗号通貨の歴史が浅いので、国税庁の見解は不明朗な部分があります。

国税庁の見解

以下は国税庁の見解です。

No.1524 ビットコインを使用することにより利益が生じた場合の課税関係

[平成29年4月1日現在法令等]
ビットコインは、物品の購入等に使用できるものですが、このビットコインを使用することで生じた利益は、所得税の課税対象となります。

このビットコインを使用することにより生じる損益(邦貨又は外貨との相対的な関係により認識される損益)は、事業所得等の各種所得の基因となる行為に付随して生じる場合を除き、原則として、雑所得に区分されます。
(所法27、35、36)
(出典:国税庁ホームページ)

国の機関の発表らしいよく分からない文章ですが、何らかの利益が発生した場合には所得税の課税対象にしますよと言っています。

いくつかの場合で考えてみましょう。

買ったビットコインを売らずに資産として保有している場合

値上がりしたビットコインを売らずに資産として所有している場合は、課税対象にはなりません。

あくまでも日本円で利益を確定した場合に課税対象となるのであって、ビットコインを持っているだけで課税されるようなアコギな見解は示されておりません。

円で購入したビットコインを売って円に変えた場合

暗号通貨の取引所で10万円で買ったビットコインを100万円で売って利益確定をすれば、90万円の利益が出たと判断されます。

その利益分に対して課税されます。

 

これは分かりやすいですね。
株式売買などと同じです。

日本国内でビットコインを使って買い物をした場合

税金今では国内でも少しづつではありますが、ビットコインが使える店が増えてきています。

都内の飲食店、ビックカメラなどで使えます。

今後、外国人旅行者が増えてくるにつれ、そのような店はさらに増加するでしょう。

 

このような店での値付けは、日本円で決められた価格に対して、その時のレートでビットコイン価格に変換し、その分を払うというのが基本的な使い方です。

 

例えばあなたがビットコインを保有していて、ビットコインが値上がりしたので、そのビットコインで買い物をした場合、円に換算してが出たと考えることもできそうです。

しかし本当にそうでしょうか?

これは今の通貨でも十分に起こりうることです。

円高の時にドルを買い、ドル建て講座に入金しておいたとします。

その後の円安の時にドル建てで買い物をした時に、差益が出たとして課税されるのでしょうか?

海外で保有ビットコインを使って買い物をした場合、もしくはビットコインを円以外の通貨に交換した場合

この辺りの領域になると、さらに話しが怪しくなってきます。

 

あなたが海外に旅行していたとします。

支払いを現地通貨換算でビットコインで支払いをした場合、もしくは海外通貨に交換した場合どうなるのかです。

 

今、利益確定をして税金を払うことが得策なのか?

現金ビットコインやアルトコインが日本円に対して値上がりしたところで、ビットコインを売って円を得る形で利益確定すれば、その利益分は雑収入として申告しなければいけません。

日本円で利益を手にしてしまえば、基本的には税金を払うことになりますね。

 

しかしビットコイン自体で国内、国外問わずショッピングができるような時代になればどうでしょうか?

そもそも中央銀行発行通貨に変える必要がないわけです。

 

仮にアメリカを旅行している時に、ビットコインで支払いをして、それに対して日本の国税庁が税金を払えなどと言ってきたら、多くの人はどのように思うでしょうか?

 

昔、安く買ったドルが、たまたま買い物の時期にドルが高くなっていたからと言って、その差益分を利益として申告しろなどと言われたら、はっきり言って腹が立ちます。

 

そもそもビットコインはボーダーレスな存在で、それが普通にボーダーレスに使える環境が整えば、どこかの国が税金を払えなどということ自体がナンセンスになってくるのではないかと思っています。

 

ビットコインは円などの通貨に買い換えずに10年ほど保有しておくのが賢い策であると思っています。

 

こちらもどうぞ!

BIT倶楽部

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画鑑賞

バレンタインに二人で観たい『お茶の間映画』厳選5邦画をご紹介!

バンドルカード

仮想通貨(ビットコイン)を現実世界で使うための魔法のカード

kawagoe_machikan3

小江戸川越の『まちかん』、日本刀の切れ味を売る包丁店

クレジットカード

クレジットカードの新たな選択肢、プリペイと少額借金可能なバンドルカード

韓国

慰安婦問題は朝鮮民族の問題性を象徴している!

節分

節分の鬼は何故豆ごときで退治されてしまうのか?