川越祭りを100倍楽しむコツを山車の曳き手が明かします!

川越まつり3

川越祭りは毎年10月の第3土曜日、日曜日に開催されます。

開催日の詳細は川越まつり公式サイトで必ず確認して下さいね。

 

私は以前、川越の仲町というところに住んでいました。

その町は羅陵王という山車(だし)を所有していて、川越祭りでは幼い頃から曳き手として参加していました。

自分の住んでいる町が山車を持っているというだけで、祭りの日は誇らしく、嬉しいものです。

鼻高々でした。(笑)

 

数年間、子供ながらに川越まつりに参加していましたので、川越まつりのインサイダー情報(大人の本音など)を今でも覚えています。

 

川越祭りの一般的な情報は、公式サイトでご確認して下さい。

 

ここでは、川越祭りを100倍楽しむための『肌感覚情報』をお伝えします!

ゾクゾクするような川越まつりを一緒に楽しみましょう。

川越祭りは夜祭だ!

川越祭りは昼間もやってます。(笑)

でも昼間の祭りは、夜への助走、準備体操にすぎません。

 

はじめからなんですが、私は川越まつりは夜祭であると信じています。

川越まつり1

川越祭りの醍醐味を味わいたいのなら、初日の15時頃に街に訪れる心づもりでいましょう。

その頃から夜に向けての準備をしましょう。
そう、コエドビールでも飲みながら、狙いをつけた地点の周りをウロウロしていましょう。

 

もし写真撮影をしたいというのであれば、もっと早く場所取りをしなければいけません。

小型の脚立などを持ち込んで、足場を確保している強者カメラマンもいます。

 

念のため申し上げますが、夜の川越祭りは初日の夜しか楽しめませんよ。

2日目の夜はやっていません。

祭りの見どころはお囃子とお囃子の競り合い

各町の山車は限られた範囲内を練り回ります。

山車には2本の太い綱が付いていて、それを多くの曳き手がかけ声に合わせて曵いていきます。

 

山車の上ではお囃子とひょうきんな踊りが行われています。

 

向かいから他町の山車が見えると山車仲間に緊張が走ります。(笑)
特に道が狭いところではなおさらです。

曳っかわせが起こります。
カチ合った山車は、お互いのお囃子台の正面を向かい合わせて、お囃子と舞を競い合うのです。

川越まつり2よく似たお囃子の調子が絡み合って、聴いていると頭がおかしくなってきます。

お囃子や舞を間違える、演奏不能になったほうの山車が負けです。

公式サイトでは、勝ち負けは無いと言っていますが、はっきりウソです。(笑)

負けた方が道を譲るのですが、屈辱ですね。

でもこれが楽しいんです。

これ無くして川越祭りは語れません。

 

そして交差点ではさらに戦いは複雑に、そして熱くなります。

 

山車が3台、4台とぶつかり合うわけですから。

最大4つのお囃子と舞がぶつかり合い、何が何だかわからなくなるんですね。

険しい空気がどんどん怪しくなっていくんです。

 

踊っている人に聞いたことがありますが、気がついたら相手のお囃子で踊っていたこともあったとのこと。

そのうち、負けていることに気がつかず、お互いに似たような訳の分からない状況になり、結局は実質負けているにもかかわらず、負けに気付かずに続けていれば勝てるのだそうです。(笑)

 

そんな時、お囃子も踊りもトリップしてしまいます。

オトナはお酒が入っていたりしますから、相当楽しいでしょうね。(笑)

 

そのような場面に出くわせば、見学者も妙な高揚感を味わうことができます!

 

交差点がなんと言っても祭りのクライマックスを演出してくれますから、さっさと場所を確保しましょう。

トリップ感を味わいながら、そんなシーンをカメラに収めて下さいね。

川越まつりの見学ポイント

川越まつり見学ポイント

(出典:川越まつり公式サイト)

 

何と言っても最大の見学ポイントは、仲町交差点です。

 

ここは蔵づくりの通りの入り口にあたり、蔵の街並みを一望できる場所です。

ただ夜は蔵の町並みを同時に写すのは技術が要ります。

ですので夜の見学であれば、仲町交差点にこだわる必要なありません。

 

2番目の見学ポイントである、連雀町交差点も良いでしょう。

ここは仲町交差点よりも道路が広く、場所取りは比較的楽です。

逆に言えば、山車までの距離が出てしまう可能性がありますので、その点をわきまえておきましょう。

アクセス

西武新宿線の本川越駅が最寄りの駅ということになりますが、東武東上線川越市駅も距離的には似たようなもの。

ただ本川越駅は川越まつりの真っ只中といったロケーションですので、無駄なく川越まつりを楽しむなら、西武新宿線の本川越駅経由で行かれることをオススメします。

関連記事

秋祭りはっぴ
毎年、10月第3日曜日には小平市民祭りが開催される! 毎年、あっという間に始まり、あっという間に終わってしまうアカシア祭り。 ここではプ...

 この記事へのコメント

  1. […] 川越祭りを100倍楽しむ心得!山車曳き手が明かす。川越祭りは毎年10月の第3土曜日、日曜日に開催されます。 開催日の詳細は川越まつり公式サイトで必ず確認して下さいね。 私は以…タウンウォーカー スポンサーリンク (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); スポンサーリンク (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); […]

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

駐輪場

東京都内の観光はレンタサイクルで穴場巡りをして、友達に差をつけよう!

ミュージシャン

『お金2.0』資本主義を変革する新しい通貨と近未来を語る本

映画鑑賞

正月休みだからこそじっくり観たい『お茶の間映画』厳選5作品をご紹介!

那覇市の夜景と満月

2種類のスーパームーンと間違えてはいけないお願いの方法

ぼろ儲けイメージ

ビットコインの資産は課税対象って本当ですか?

進歩

ビットコインはいよいよ投機材料から投資手段へ