仮想通貨(ビットコイン)を現実世界で使うための魔法のカード

バンドルカード

仮想通貨が大変に注目されています。

少しづつではありますが、日本でも仮想通貨の所有者が増えてきているようです。

 

しかしビットコインなどに興味がないという人にしばしば言われるのは、ビットコインを買ってどうすんの?という素朴な疑問なんですね。

 

買った仮想通貨をそのままに所有していても、実は意味がありません。

仮想通貨を買う目的

ビットコイン仮想通貨を買う目的をはっきりさせておくことが大切ですよ、という話を以前の記事で書かせていただきました。

 

資産として寝かしておきたいのならトレザーなどのハードウォレットにおいておくことがオススメです。

極めて安全度の高い保管方法です。

 

また仮想通貨の取引をして資産を増やしたいのなら、流動性の高い取引所においておくのがいいでしょう。

ただし取引所は最も盗難被害の発生しやすい場所ですので、そのリスクを覚悟しておく必要がありますね。

 

さてこのように資産保存、資産形成的な目的以外に、日常生活で使ってみたいという人もいるのではないでしょうか?

 

しかし日本国内でビットコインが使えるお店というのはまだまだ少ないのが現状です。

本当に数えるほどしかありません。

そこでビットコインを現実世界で簡単に使うための方法として今回ご紹介するのが、バンドルカードというものです。

仮想通貨を現実世界で使う方法

バンドルカードとは、クレジットカードと同様に使用できるプリペイド式カードです。

 

ネットでの支払い、国内国外の実店舗でVISAカードとして使用できます。

 

バンドルカードには3種類あります。

  1. バーチャル
    携帯電話にバンドルカードのアプリをダウンロードし、そこに入金することにより、各種ショッピングなどの支払いに使うことができます。発行手数料無料。本人確認不要。一回あたりのチャージ上限額 3万円
    月間チャージ上限額     12万円
    有効期限内のチャージ累計額 100万円
    残高の上限額        10万円
  2. リアル
    バーチャルカードをベースにしてリアルカードを発行してもらうことができます。発行手数料300円。
    本人確認必要。国内のVISA提携店舗で使用可能。一回あたりのチャージ上限額 3万円
    月間チャージ上限額     12万円
    有効期限内のチャージ累計額 100万円
    残高の上限額        10万円
  3. リアル+(プラス)
    やはりバーチャルカードをベースにしてリアル+を発行してもらえます。発行手数料600円。
    本人確認必要。国内海外のVISA提携店舗で使用可能。一回あたりのチャージ上限額 10万円
    月間チャージ上限額     200万円
    有効期限内のチャージ累計額 上限無し
    残高の上限額        100万円

詳細はこちらをご覧ください。

バンドルカード

豊富なチャージ方法

プリペイド形式のクレジットカードはいくつか出ていますが、このバンドルカードの良いところはチャージ方法が豊富なこと。

 

ざっと以下の方法でチャージができます。

  • コンビニ
  • クレジットカード
  • ドコモのケータイ払い
  • ビットコイン
    ウォレットごとの送金手数料のみかかります。
  • ネット銀行
    三菱東京UFJ銀行のネットバンキングから入金しましたが、送金手数料がかかりませんでした。
  • 銀行ATM(ペイジー)
  • ギフトコード

 

ビットコインで入金できるんですね。

 

追記:

ポチッとチャージという機能が2018年5月に追加されました。

これはカードにチャージする金額を後払いにできるという機能です。言って見れば借金ができるということ。

これによりクレジットカード的な使用が可能になったと考えることができます。

この機能を使用するためには、当然審査が必要です。

正直言ってこんな機能は必要ないと思っていましたが、緊急出費への対応、通常のクレジットカードと違ってチャージする手間があり無駄遣い抑制になり得ることを考えると選択肢としてあっても良いのかなと考えるようになりました。

ビットコインをバンドルカードにチャージして使う

ビットコインのままチャージできるのではありません。

所定の入金用アドレスにビットコインを送付すると、その時点でのレートで円に換金されてチャージされます。

バンドルカードが、所有している仮想通貨(ビットコイン)を現実世界でさっくり使うための一番お手軽な方法でしょう。

 

実際にビットコインでチャージするかどうかは別にして、ビットコインを所有しているのであれば、バンドルカードを持っておいても良いのではないかと思います。

クレジットカードのように使いすぎることもありませんので、日本円のお財布として日常使いするのはありでしょう。

いざとなればビットコインでチャージすることもできますからね。

詳しくはこちら。

 

こちらもどうぞ!

BIT倶楽部

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

3つの心得で鳥インフルエンザ対策をして、生活をエンジョイしよう!

バンドルカード到着

ビットコイン所有者にバンドルカードを強くお勧めする3つの理由

仮想通貨投機

中国系マイナーと投機筋が仮想通貨を殺す!DMM、GMO、SBI、コダックは救世主...

骨伝導ヘッドホン

骨伝道ワイヤレスヘッドホンはアクティブな街歩きに最適!

ノートパソコン インターネット

ノマドワーカーの持ち物チェック、必携アイテムの結論はこれだ!

カフェバー

実店舗ビットフライヤーカフェという企画に大疑問!今は不要。