北国の人が教える雪道での歩き方、靴選び!

雪道

東京や大阪などの都会暮らしでも年に数回は大雪に見舞われることがあります。

大雪の降る日がお休みであればまだしも、平日で出勤しなければいけない、あるいは出張で遠くまで移動しなければいけないとなると大変です。

 

凍った歩道で転んで怪我をしたりしては仕事どころではありません。

場合によっては転んだ拍子に頭を打って死亡事故になってしまうこともあります。

 

雪の日にも慌てずに対処が取れるよう最低限の知識を仕入れて、必要な装備を準備しておきましょう。

都会での雪歩き心得3か条

転倒

北海道生まれ、雪国育ちの私から、都会のドカ雪、路面凍結の際のちょっとした心得3か条をご紹介させていただきます。

文字にしてしまうと当たり前のことばかりなのですが、雪道に不慣れな皆さんは怪我をしないためにも目を通しておいてくださいね。

購入しておくべきアイテムもご紹介します。

雪道歩行心得 その1.小股チビチビ歩行

普段、颯爽とアスファルトの道を大股で歩いておられるサラリーマンには抵抗があるかもしれませんが、雪道歩行の基本は

小股チビチビ歩行

です。

 

大股グイグイ歩行は足元のグリップが効いていればこそ可能な歩行方法です。

 

ではどれくらいの小股が有効なのか?

答えは『足の裏全面で歩行ができる程度』

 

雪の無い道では、つま先で蹴り出し、踵で着地というのが基本ですが、雪道ではその歩き方はNGです。

 

つま先で蹴るときに滑り、踵で着地するときに転びます。

 

ですので、雪道では足裏全面で路面を軽く蹴り、足裏全面で着地するのが賢い歩き方で、これにより滑りを最小にすることができます。

雪道歩行心得 その2.手袋、雪ぐつ装備

スパイク靴

雪道歩行でポケットに手を入れておくのは万が一の転倒の際に大怪我に繋がりますのでやめましょう。

そのためには温かい手袋をして手を外に出しておく必要があります。

転倒して路面に手をついた時に怪我の防止にも役立ちます。

 

そして装備で何より大切なのは靴です。

靴底に溝の切られていないような靴は絶対にNGです。

多くのビジネス用の革靴はこのタイプですよね。

これで外に出るのは滑りに行くようなものです。

 

最低でも靴底に溝のある靴を選びましょう。

そのようなちょっとイカツイ靴を履きたくない、買いたくないという場合は、着脱可能なスパイクを用意することを強くお勧めします。

アマゾンで売られているスパイク

靴用スパイク

(出典:アマゾン出展品 キャプテンスタッグ キャンプ 登山 靴用滑り止め 滑らんぞー スリム LサイズM-6151)

 

今履いている靴の上から装着することができます。

雪国に出張などという時にバッグの片隅に入れておけば安心ですね。

 

安いものは数百円から買うことができます。

雪道歩行心得 その3.急がないために時間の余裕を持つ

これは万能的に役に立つ心得です。

 

雪の日は予期せぬことが起こります。

勾配のきつい路面には立たない、道路の端は歩かない、車に近づかない、荷物で両手を塞がないなど注意点を挙げればきりがないのですが、時間に余裕があれば常識的な知識で細かな危険を察知して回避することが可能です。

 

時間に余裕を持って、雪の日も怪我のないように過ごしましょうね。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

VANDLE_CARD

高校生のネットショッピングにはバンドルカードが超安心、超便利!

プレゼント

女子必見!バレンタインプレゼント、男性年代別もらって嬉しいベスト3!

映画鑑賞

正月休みだからこそじっくり観たい『お茶の間映画』厳選5作品をご紹介!

骨伝導ヘッドホン

骨伝道ワイヤレスヘッドホンはアクティブな街歩きに最適!

駐輪場

東京都内の観光はレンタサイクルで穴場巡りをして、友達に差をつけよう!

街自慢認定マーク

あなたの知らない、あなたの街の街自慢を紹介します!