小平市のせんべいの老舗 田村煎餅、焼きたての香ばしさを堪能!

田村せんべい1

煎餅を和英辞典で調べてみると次のように説明されています。

煎餅(煎餅)

a sembei; (説明的に) Japanese rice crackers (seasoned with salt, soy sauce, sugar, etc.)

(出典;ウィズダム和英辞典)

スーパーやコンビニなどではたくさんの種類の煎餅が売られています。

お年寄りから子供までが大好きな、まさに日本人のソールフードの一つです。

 

醤油がOKな外国人にも人気があります。

 

そんなソールフードではありますが、わざわざ煎餅屋さんにまで足を運んで買う意味などないと、つい最近まで私は思っていました。

第一、煎餅屋さんを見かけなくなりましたしね。

 

しかし、豆腐屋さんの出来立ての豆腐が新鮮でメチャクチャ美味しいのと同じように、煎餅屋さんで買う焼きたての煎餅の味は格別なものです。

これは食べてみなければ分かりません。

 

今回ご紹介するのは東京都小平市内の煎餅店

田村煎餅

 

西武多摩湖線の一橋学園駅周辺の住宅街にちょっとした商店街があり、その一角を占める煎餅店です。

コンビニやスーパーで売られている煎餅と何が違うのか?

一言でいうと、香りの鮮度と歯ざわりが全く違います。

 

どこで買った煎餅も香ばしさは感じるものです。

スーパーで安売りしている大袋の醤油煎餅も美味しいのですが、ここ田村煎餅の煎餅は香りのレベルが違います。

 

煎餅を口の中で噛み砕いた時に鼻腔に立ち昇るほのかなスモーキーな香りと、かすかな苦味が、とっても新鮮なんですね。

煎餅を焼く時の炎や炭の温かみまでも感じることができます。

 

 

先日私が訪問した時には定番の醤油煎餅ではなく、味噌煎餅とざらめ煎餅を購入しました。

 

その時に店の女将がちょうど店の奥で袋詰めしていると言って、大きめの柿の種のような煎餅を一掴み持ってきて、私の手のひらに乗せてくれました。

 

コロコロと転がるような小さな煎餅。

 

この煎餅の美味しいことと言ったら、からりと乾いた音とともに口の中に広がる醤油の香ばしさは、これこそが日本人が食べてきた煎餅なのだなと思わせてくれます。

 

値段はちょっとお高めな感じではありますが、他では決して味わえないものですので私は良しとしています。

 

実家の父親にお土産に持って帰ったことがありますが、たいそう喜んでくれました。

近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄り下さい。

 

田村せんべい2

ちなみに今回買った味噌煎餅とざらめ煎餅、絶品です。

 

味噌煎餅の味噌がコッテリとしていてコクがあって美味しい。

ざらめ煎餅は甘さが絶妙でくどさが無く、クセになりますね。

 

田村煎餅店、町自慢に認定いたしました!

こちら、いろんなまちの街自慢です。

街自慢認定マーク

価格帯

1袋500円前後

店員の雰囲気

さり気無く煎餅の紹介をしてくれます。

煎餅としては高価な部類ですから、お話を参考にしながら選んで下さい。

 

タイミングが良ければ、試食を勧めてくれます。

袋詰め前の出来立てホヤホヤにありつけますよ。

店舗情報

営業時間
9時ー6時

定休日
日曜日

電話
042-341-4268

カード決済可否
不可

場所
東京都小平市学園東町2丁目8−3

 

こんなのもあるよ!

昭和漫遊記

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

永田珈琲の珈琲

小平の美味しいコーヒー、永田珈琲。プロによるワンランク上の味。(街自慢認定)

にんにくや入口

ラーメン街道の店とは一線を画す繊細なスープ。小平の名店 にんにくや。(街自慢認定...

開拓時農家遠景

小平ふるさと村でタイムスリップ! その2:開拓当初の復元住居

ブルーベリーの木

東京都小平市のゆるキャラ ぶるべーはドライフルーツだった?!

小平市 学園東第1公園の桜1

東京お花見家族! 東京都小平市 学園東第1公園 家族で静かに楽しくお花見

明月館2

絶品!小平の老舗焼肉店 明月館。味良し、コスパ良し!