三鷹駅南口 日本茶の名品を味わう日本茶喫茶 『甘味処たかね』

甘味処たかね1

JR中央線、総武線三鷹駅の南口を出て、徒歩5分ほどのところに『甘味処たかね』はあります。

南口からまっすぐに南に延びる道路沿いはさりげなく古いお店が多いところです。

 

甘味処たかねは現在は三代目のようですね。

むかしは普通に団子、まんじゅうなどを売っていたのだと思います。

 

いまはそれらの甘味ものを引き継ぎつつ、素材に徹底的にこだわっています。(もちろん先代も先先代も素材にはこだわっていたのでしょうけどね)

また日本茶喫茶の暖簾をかかげ、各地の日本茶を楽しめる、とても個性的なお店なんです。

お値段は?

甘味処たかね2たかねじゃなくて高値だなどと批判する筋もあります。(笑)

 

名物のたい焼きとお茶のセットが1000円。

品評会お茶セットが1500円。

 

さてさてこれが高いのか安いのか?

高いかどうかは主観であって、体験してみないことには分かりませんよね。

 

今回私は、品評会お茶セット(本山茶駿河、たい焼きセット)をいただきました。

甘味処たかね3

我が家のお茶は、奥さんのこだわりがありそれなりに美味しいお茶なのですが、このお茶は格別ですね。

 

まず茶葉の色、新緑のような美しさです。

口に含んでみると、甘味と苦味が絶妙に混じりあって、えも言われぬ深い味わいです。

1剪目、2剪目は甘味が強く、3剪目以降は徐々に苦味が増していきます。

甘味処たかね4

一級の日本茶を飲んでみたい方は是非行ってみてください。

また店内では、お茶、茶器などが美しく並べられて売られています。

このお店の唯一の問題は…

この私のサイトでは感心しないお店は基本的に紹介しない方針なんですが、『甘味処たかね』は惜しいというか、しっかりと存続してほしいなぁという願いで記事にしました。

甘味処たかね1

店内は木製の家具類で統一され、供される茶器類、販売されているものも一級品であると思います。

 

しかし接客姿勢には疑問を感じました。

価格に見合わないですね。

というか、安いお店でもちょっとどうかなというレベルです。

 

「いいものを出しているのだから高くて当然。」

という姿勢が見え見えです。

 

ネットでも批判されているようです。

 

お客様を喜ばせることが商売の第一であると思うのですが、そうは感じませんでしたね。

店主にすれば大きなお世話なんでしょうが。

 

ものづくりに関しては手抜きをしない店主なのだと感じました。

でも客に対して手抜きでは、なんのための仕事なのかと聞いてみたくなります。

 

皆さんも一度行ってみてくださいね。

味は間違いありません。

店舗情報

営業時間
11:00−16:00

定休日
不定休

電話
0422-44-8859

場所
東京都三鷹市下連雀3丁目32−6 東急ドエルアルス三鷹 1F

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

関連記事がありません。