東京都小平市のゆるキャラ ぶるべーはドライフルーツだった?!

ブルーベリーの木

小平市がブルーベリー栽培発祥の地なんて書くと、小平市でブルーベリーが生み出されたのかなんて思う人がいるかもしれませんが、もちろんそんなことはありません。(笑)

 

正確には、

小平市は商業用ブルーベリーの栽培を日本で最初に始められた地

なんです。

 

このことはあまり知られていませんね。

でも最近はぶるべー効果で、小平市とブルーベリーは何かの関係があるみたいだなぁ、と言った程度までには認識率が高まっています。

ぶるべーはデビュー当時、ドライフルーツだった!?

小平市にもついにゆるキャラが登場する!とデビュー前には、多くの小平市民は期待に胸を膨らませていたものです。

デザインしたのは市内の武蔵野美術大学の学生だというし、この手のものにしては珍しく小平市は結構予算をかけているらしい。

鳴り物入りの登場だったんですね。

 

そして登場したのがこれです。↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

美味しくなさそうなブルーベリー

(出典:『ライフスタイルをデザインする建築家の・・・ライフスタイル』)

 

???? ← 市民の反応

 

しおれ感がハンパないです。

もはやドライフルーツです。

 

市役所にお披露目で登場していましたが、ほとんどの市民は遠巻きに眺めて立ち去っていったようです。

 

よくこれで市長のOKが出たものです。

っていうか、OKしてはいけないレベルでしょう。

日に日に鮮度を増す不思議なブルーベリー、ぶるべー

相当に子供の受けが悪かったようで、ぶるべーはかなり辛い日々を送ったのだと思います。

 

しかしデビューからぶるべーは驚くべき変化を遂げました。

そう、日に日に鮮度を増していきました。

その姿がこれです。↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぶるベー味スタにて

(出典:ぶるべープロジェクト)

 

どうです?

お顔も両手も丸々、パンパンです!

ひょうきんさも増しました。

 

今ではぶるべーは子供に限らず、大人にも大人気です。

転げるように歩く姿が可愛いです。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

小平市 学園東第1公園の桜1

東京お花見家族! 東京都小平市 学園東第1公園 家族で静かに楽しくお花見

開拓時農家遠景

小平ふるさと村でタイムスリップ! その2:開拓当初の復元住居

秋祭りはっぴ

小平市民祭り(アカシア祭り)のお楽しみポイント!

ラグラステラス入り口

ナチュラルテイストの小さなカフェ・ラグラス、小平駅近、小川用水のほとりに佇む

予約席

小平で美味しいランチ、ディナー。住人がそっと教える厳選7店。家族連れにもオススメ...

くはら入り口

小平はうどんやラーメンばかりじゃない。本気の蕎麦屋、くはら。