クルミドコーヒー、西国分寺の極上珈琲。朝のマグカップ珈琲がお得!(街自慢認定)

クルミドコーヒー20

JR中央線の西国分寺駅ってとってもマイナーなイメージがありますよね。

まぁ、確かにマイナーではあるのですが、知る人ぞ知る珈琲の名店があるのをご存知ですか?

 

それは今回ご紹介する

クルミドコーヒー

珈琲のことをあまり知らなくても、お店自体が面白いし、珈琲はもちろんのこと、こだわりの軽食がとっても美味しいです。

 

デートコースに組み込んだり、一人で楽しんでもOK。

知っていて損のないお店です。

樹に囲まれたコーヒー店

クルミドコーヒー1

西国分寺駅の改札左側、歩いて1、2分のところにあります。

 

お店の外観はそれほど特徴的なものではありません。

 

樹に囲まれたお店なんだけど、西国分寺の駅周辺はそもそも樹の多い、素敵な雰囲気なので、クルミドコーヒーの店舗はある意味、周囲の雰囲気に溶け込んでいると言えるでしょうね。

 

正面の扉を開けて、奥さんや彼女を連れてお店の中に入ってみましょう…

 

目の前で大きなくるみ割り人形が迎えてくれます。

 

様々な調度品に目を奪われます。

 

贅(ぜい)を凝らしたという感じではないのですが、温かみのある木のオーラが店内に満ちています。

くるみ割り人形

(出典 食べログ)

 

床も壁も磨き上げられ、いろいろな不思議なものが雑然と、でも違和感無くそこに有って、パワーを放っているんです。

 

店員さんの愛情を感じます。

 

なんと言いますか、お店のエネルギー密度が高いんです

店内は愛情のこもったメルヘンの世界

床はまさにピカピカです。

掃除されているというよりは、磨き抜かれていると言うのが正しいでしょう。

 

クルミドコーヒー24入り口の床にはお店のキャラクターのレリーフが埋め込まれています。

 

上階への階段がまた美しい。

 

木材ってこんなに美しいのだなと再認識します。

 

使い込まれた棚、テーブル、椅子が基本的に多くは木製で、内側から光を放って、それが全体に落ち着きを与えているんですね。

不思議だなと思います。

クルミドコーヒー

木製の製品は捨ててはいけないなと反省しています。

愛情で使い続ければ、深みを増すのだとこの店の床や家具たちが教えてくていますね。

 

それ以外の調度類もその素材に関わらず、愛情込めて磨かれていて暖かく美しいです。

『味が出る』と言ったような薄っぺらな表現では言い表せないですね。

 

お店にいるだけで癒された、優しい気持ちになってきますよ。

漆黒の珈琲とクルミドサンドを食べてみた

 

今回頂いたのは、漆黒の珈琲とクルミドサンド。

 

アイスコーヒーなんですが、珈琲のエッセンスを絞り出したような濃いめの味で、時間をかけて氷を溶かし、味の変化を楽しみながら味わうことができます。

 

クルミドコーヒー18

(ちょっと少なめの漆黒の珈琲)

 

クルミドコーヒー22

(氷が溶けて味がまろやかに甘みを増す)

 

珈琲が濃いうちは苦味が先に感じられますが、氷で薄まるうちに甘みを強く感じられるようになります。

普通のアイスコーヒーは時間が経つにつれ味が薄くなって、不味くて飲めなくなります。

 

漆黒の珈琲は味の変化を楽しみながら最後まで楽しめるように気を配ってくれているんですね。

 

初めの濃い状態でも苦すぎて飲めないというものではなくて、冷たいエスプレッソのような味を堪能できます。

苦いながらもほのかに甘みがあり、スッキリした味わいです。

 

ちょっと高めの値段ですが後悔はしないですよ。

メニュー

クルミドコーヒー4クルミドコーヒー5クルミドコーヒー6クルミドコーヒー7クルミドコーヒー9クルミドコーヒー8メニューはこんな感じです。

珈琲と軽い食事で一人あたり1,500円と言ったところです。

 

珈琲は4種あり、どれでも一杯650円。

2杯目珈琲は300円で提供してくれます。

 

朝のたっぷりマグカップ珈琲は一杯500円とちょっとお得になっています。(10:30〜12:30)

 

クルミドコーヒー、街自慢に認定しました。

場所
東京都国分寺市泉町3丁目37番34号

営業時間
10:30~22:30(L.O.22:00)
日曜営業

定休日
木曜日

 

関連記事

胡桃堂珈琲2
国分寺駅北口の再開発のシンボル、ツインタワーの工事現場から早稲田実業学校の方向に歩くこと5分ほど。 駅前のざわつきが消えるあたりに胡桃堂珈...

こちら、いろんなまちの街自慢です。

街自慢認定マーク

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

あぶみ瓦文様

国分寺市の観光/デートといえば、遺跡巡りと美味しいランチでしょ。

殿ヶ谷戸庭園5

殿ヶ谷戸庭園、2017年秋の紅葉を下見してきました。チケット売り場のおじさんの見...

ミーツ国分寺ハンズ1

ミーツ国分寺 要チェック店舗2:ハンズの魅力は〇〇との出会い

国分寺駅ツインタワーの絵

国分寺駅北口、ツインタワーの下を通ることができるようになった!

国分寺駅北口

国分寺駅北口の再開発の決め手って道路建設なの?まさかのそれだけ?

Roof6

国分寺駅北口ランチ 隠れ家のようなお店Roof