国分寺駅近、あのクルミドコーヒーの2号店、胡桃堂珈琲は…

胡桃堂珈琲2

国分寺駅北口の再開発のシンボル、ツインタワーの工事現場から早稲田実業学校の方向に歩くこと5分ほど。

駅前のざわつきが消えるあたりに胡桃堂珈琲ができました。

3月26日にオープンしました。

 

西国分寺にあるクルミドコーヒーがお好きな方は気になる存在ですよね。

私も同じ気持ちでワクワクしながら訪れました。

昭和を思わせるレトロな外観

この辺りは時々来ることがあったのですが、胡桃堂珈琲が入ったビル、以前何があったのか思い出せません。

 

ストリートビューで見てみると以前の建物が写っていました。

よく似た建物なんですが、胡桃堂珈琲が使うにあたって、耐震構造上不安があったため建て直されたようですね。

 

新しくできた胡桃堂珈琲はこんな感じです。

胡桃堂珈琲10胡桃堂珈琲11外観からもわかりますが、西国分寺のクルミドコーヒーとはかなりコンセプトを変えたことがわかります。

まだ新しいですが、ちょっと大人になったというか、落ち着いた雰囲気になりました。

 

入り口の古めかしい扉を開けるとニコニコと店員が出迎えてくれます。

 

1階のお席でも、2階のお席でもお好きな方をお使いくださいと案内されましたので、今回は2階に上がりました。

 

階段の脇には本がずらりと並んでいます。

単なる飾りではないなと思いました。

売っているようです。

 

さらに上に登ると水出し珈琲の装置が3台並んでいます。

これも飾りではありませんでした。(笑)

水がポタリポタリと滴って、珈琲が一番下のポットに溜まっています。

胡桃堂珈琲7胡桃堂珈琲8

 

2階はちょっと広めのオープンスペースになっています。

テーブルが6つほど並んでいました。

 

正直言って、ちょっと殺風景な昭和の喫茶ルームという感じを受けました。

白っぽい漆喰(?)の壁、柱には青色系の和紙が貼られています。

床は木の床、テーブルは木製とこの辺りはクルミドコーヒーのDNAを引いていることがわかります。

天井は…ごく普通の今時の天井です。

 

胡桃堂珈琲14今回は奥の窓際のテーブルに座りましたが、なぜか気持ちが落ち着きません。

西国分寺のクルミドコーヒーで感じた、ふんわりと包み込まれるような感覚を感じません。

 

何というか、引越しをしたけれども、まだ必要な家具が届いていない部屋で座っているような、何かが足りないぞという感覚が拭えませんね。

水出し珈琲を飲んでみた

今回は水出し珈琲を頼みました。

じつは以前(10年ほど前ですが)、銀座の老舗珈琲店で水出し珈琲をいただいたことがあります。

その時のリベンジです。(笑)

 

銀座では結構期待して飲んだのですが、美味しくありませんでした。

いい値段しましたけどね。

 

当時の私には、水出し珈琲はこのような味がするものなのか、この店の水出し珈琲がまずいだけなのかわかりませんでした。

結果、私にとってはまずかったのですから原因はどちらでもいいのですが。

 

別の店でも試してみたいと思っていました。

でもなかなか水出し珈琲を出してくれるところがないのです。

 

結局その銀座のお店で飲んで以来、水出し珈琲は飲んでいませんでした。

もしかしたら、ここで美味しい水出し珈琲を飲めるかもしれないという期待がありました。

胡桃堂珈琲16深入りアイス珈琲、そのお味は…

美味しかったですよ。(笑)

 

こってりした味ですが、十分にいけます。

皆さんも飲んでみてください。

 

恒例のくるみ割り、ここでも胡桃を割って食べることができます。

伝票の重しの代わりに胡桃が置かれたのですが、店員さんに食べてもいいかと尋ねるとOKとのことでしたので、くるみ割り器をお借りして食べました。

胡桃を割る光景を動画に納めましたので見てやってくださいね。

この店はなぜ落ち着かないのか?

クルミドコーヒーが子供が一人遊びをするメルヘンの世界だとしたら、胡桃堂珈琲は人とのつながりの中で生活を楽しむちょっと大人の世界という感じがしました。

 

そんな世界を目指して作りはレトロにしていますが、じつは何もかもが新しいので浮き足立っていて落ち着かないのかもしれません。

 

ある形に落ち着くまでにはちょっと時間がかかるなと思いました。

 

皆さんには是非訪問して頂いて、お店の『エージング』に貢献してあげてください。

経営手腕

お店のホームページも拝見しました。

内容は、よくわかりません。(苦笑)

 

おそらく、分からなくて良いのだろうと感じました。

新しいお店は、成長するままに成長してほしいという思いをどこかで発信しているようです。

 

それにしても国分寺の再開発の波に乗って、独特のコンセプトで店を立ち上げたのは素晴らしいです。

今後どんなことになるのか楽しみですね。

 

この辺りの店づくりにも影響を与えていくだろうと思います。

メニュー

メニューは以下の通りです。

胡桃堂珈琲3胡桃堂珈琲4胡桃堂珈琲6

お店の営業情報はこんな感じです。

営業時間
8:00~19:00ランチ営業、日曜営業

定休日
木曜日

場所
東京都国分寺市本町2-17-3

 

関連記事

クルミドコーヒー20
JR中央線の西国分寺駅ってとってもマイナーなイメージがありますよね。 まぁ、確かにマイナーではあるのですが、知る人ぞ知る珈琲の名店があるのをご...

 

こんなのもあるよ!

昭和漫遊記

 この記事へのコメント

  1. […] 関連記事 国分寺駅近のクルミドコーヒーの2号店、胡桃堂珈琲は…国分寺駅北口の再開発のシンボル、ツインタワーの工事現場から早稲田実業学校の方向に歩くこと5分ほど。 駅前のざわつきが消えるあたりに胡桃堂珈…タウンウォーカー スポンサーリンク (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); […]

  2. […] 国分寺駅近、あのクルミドコーヒーの2号店、胡桃堂珈琲は… | タウンウォーカー より: 2017年12月18日 9:08 AM […]

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

あぶみ瓦文様

国分寺市の観光/デートといえば、遺跡巡りと美味しいランチでしょ。

Roof6

国分寺駅北口ランチ 隠れ家のようなお店Roof

ミーツ国分寺1

ミーツ国分寺 要チェック店舗1:箱根ベーカリー、スターバックス

紅葉2

国分寺 殿ヶ谷戸庭園の紅葉の見頃はいつ?ここは超穴場スポット!

ナナズグリーンティー入り口

ミーツ国分寺 要チェック店舗3:ナナズグリーンティー、日本の新しい食文化を提案

武蔵国分寺跡の樹

国分寺の再開発はツインタワーだけで終わらない!再開発の切り札とは?