スズメバチ被害に遭わないために知っておきたい5つの対策

スズメバチ3

8月、9月はスズメバチ被害に要注意

8月、9月はスズメバチの巣が最も大きくなり、また世代交代をする時期にあたり、スズメバチに刺される被害が増えます。

スズメバチに刺されて人が死亡する事例は、熊や蛇に襲われて死亡する事例よりも多いと言われており、注意が必要です。

スズメバチは訳もなく人を刺さない

スズメバチ2スズメバチは攻撃的なハチと言われています。

しかし訳もなく人を攻撃することはありません。

 

スズメバチが人を攻撃するのは、自分と巣を守るためです。

 

人が巣に触れたり、近づいたりすると、音や振動に刺激を受けて、その元を攻撃するのです。

 

ですから、スズメバチを見かけたと言って、大声で騒ぐのは危険です。

その声に反応して、ハチが攻撃を仕掛けてきたり、他のハチをおびき寄せてしまう可能性があります。

スズメバチを2、3匹見かけたら、要注意

スズメバチの行動範囲は、数百mから2km程度です。

餌を求めて周囲を飛び回るのですが、これほど行動範囲が広いにもかかわらず、一度に数匹のスズメバチを見かけたら、巣が近くにあるか、餌に多くのスズメバチが群がっている可能性が高いと考えられます。

 

そのような場合は、周囲を見回して、他のハチがいないか、近くに巣がないかを確認し、もしハチの巣が見えるようであれば早々に立ち退きましょう。

 

ハチの巣やハチの群を発見できない場合は、とりあえず来た道を引き返すのが無難です。
その際も周囲の様子を確認し、ハチや巣に近づかないように気をつけましょう。

黒っぽい服を着ない

黒い服この時期、野山に出かけるときは、黒っぽい服は避けて、明るい服を着るようにしましょう。

スズメバチは黒い色に反応するからです。

 

またスズメバチは、刺激臭に反応することもあります。

人の整髪料、香水などに興奮し、攻撃を仕掛けてくる可能性があります。
ですから、このような刺激臭を発するものは身につけないようにしましょう。

少しでもハチを刺激しないように心がけることが大切です。

 

1匹のハチが興奮して攻撃を始めると、その音なのか、分泌物なのかは分かっていませんが、あるものが原因となって、周囲のハチをおびき寄せてしまうことがあるようです。

見かけたら、そっと立ち去るのがベストです。

街中でもスズメバチが巣を作りことがある

スズメバチ1街中でもスズメバチが巣を作ることがあります。

人が住むところにはスズメバチの餌になるものが豊富だからです。

 

巣は思わぬところにあります。

街中であっても、気を抜かないようにしましょう。

スズメバチに刺されないための5つの鉄則

  1. 巣を見たら近づかない
  2. 3、4匹のスズメバチを見かけたら道を引き返す
  3. 野山に出かける時は、黒い服は着ない
  4. 野山に出かける時は、匂いの強い整髪料や香水をつけない
  5. スズメバチを見ても、大声で騒がない

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

仮想通貨投機

中国系マイナーと投機筋が仮想通貨を殺す!DMM、GMO、SBI、コダックは救世主...

3つの心得で鳥インフルエンザ対策をして、生活をエンジョイしよう!

miner bitcoin cryptocurrency

GMOがビットコイン事業にかける本気の姿勢が嬉しい!

進歩

ビットコインはいよいよ投機材料から投資手段へ

大雨の日

台風、大雨時の外出対策。正装、ビジネスシーンでの最も簡単な方法は?

kawagoe_machikan3

小江戸川越の『まちかん』、日本刀の切れ味を売る包丁店