使いすぎ防止クレジットカードの決定版!バンドルカードは社会人の新しい財布

バンドルカード

クレジットカードは今の社会で活動するためには必要不可欠のものです。

 

街中でのショッピングではほとんどのお店で使えるようになりました。

またネットショッピングではクレジットカード払いが今や主流です。

 

ここではそんなクレジットカードの危険性を復習し、快適に安全に使える新しいコンセプトのカードをご紹介します。

クレジットカードはお手軽借金装置

実はクレジットカードは端的にいうと、お手軽借金装置です。

 

気軽に借金をするための道具なのであって、クレジットカード会社は利用者に少しでも多くの借金をさせて、利用手数料や利子の上乗せをしようと狙っています。

 

通常のショッピングではお店側が手数料という形でクレジットカード会社に利用料金を払っており、その範囲であれば買い物をする立場の私たちはひたすら便利さを享受することができます。

 

しかし上に述べたとおり、クレジットカードというものはカード保有者の信用をベースに短期間の借金をするためのものであり、私たちはそのことを忘れがちです。

怖いのは、カードさえあれば好きなときに好きなだけ買い物ができると利用者が徐々に錯覚を起こしてしまうことにあります。

 

収入の範囲内で支出を抑えなければならないのは誰が考えても分かる理屈ですが、手元に現金がなくても借金で物が買えてしまうクレジットカードは、そんな当たり前のことを忘れさせてしまう危険なシステムなのです。

借金を返せなくなって仕舞えば、いわゆるカード破産という大変に面倒な事態に陥ります。

 

そんなカード破産者が近年非常に増加しています。

 

カード破産を起こしてしまうと、当然ながら金を返せないユーザーは非常に困った状況に陥ってしまいます。

しかしカード破産は、クレジットカード会社にとっても非常に好ましくない状況なのです。

 

理由の一つは借金の焼付きが起きてしまうこと。

それともう一つの理由は、ユーザーを失ってしまうということがあげられます。

 

言ってみれば、ユーザーは大事な金づるです。

生かさず殺さず、なるべく長期間借金をして、利子を払い続けてくれた方がクレジット会社にとってはありがたいのです。

 

そこで利用者が破産することなく、なるべく長期間借金をして、利子や手数料を払い続けてもらうために考え出されたのが、リボルビング払いという商品なんですね。

 

リボリング払いというのは、簡単に言ってしまえば、借入れ元金の大きさに関わらず月々に一定金額の返済を行うというもの。

しかも合算借入れ金額の上限まではどんどん買い物ができてしまうんです。

 

このリボルビング払いに慣れてしまうと、まさに金銭感覚が狂ってきて、いつでも好きなだけ買い物ができるみたいな状態になってきます。

税金を支払うかのごとく毎月決められた金額を返済しておきさえすれば、好きなだけ買い物ができる、と錯覚をするのです。

 

健全な家庭会計のための大原則は、

収入>支出

当たり前のことですが、これは忘れてはいけません。

 

時には投資的に大きな出費をしなければいけない時もあるでしょう。

家、自動車などを買うのがその例です。

 

そんな時には多くの場合、ローンを組むことと思います。

借りる側は金額が大きいだけにそれなりの覚悟を迫られます。

 

しかしカードローン、特にリボルビング払いの怖さは、借金の返済を覚悟するという感覚が薄く、気がつけば多額の借金を抱えていることなのです。

 

破産はしないものの、毎月の手数料や金利を支払うことが当然という生活に慣らされ、延々とカード会社に貢がされる奴隷化が行われているのです。

小さな支出にこそ目を向ける必要性

今の社会ではクレジットカードは必要不可欠です。

たとえ中高生であっても、ネットで買い物をするときにはカードが無いと不便です。

社会人になってさまざまな活動を始めるとカードの必要性はさらに高まります。

 

しかし上に書いたような小さな借金の積み重ねで首が回らなくなり、気が付けばカード会社の奴隷にされる危険があるわけで、私たちはカードの便利さを享受するためにそれと上手に付き合うためのリテラシーを身につけなければなりません。

 

そこで今回皆さんにご紹介したいのが

バンドルカード

このカードは基本的にはプリペイドカードに分類されます。

詳しくはこちら。

 

カードに日本円をチャージしてその金額分だけ支払いに当てることができます。

このカードはVISAの機能を持っていて、ネットショッピングでも使えるんです。

 

主なチャージ方法は

  1. ポチッとチャージ
  2. コンビニ
  3. クレジットカード
  4. ネット銀行
  5. 銀行ATM
  6. ギフトコード
  7. 仮想通貨(注:現在はコインチャックの盗難事件の影響で、ビットコインによるチャージは停止中)

 

実に様々なチャージ方法が準備されていて、どこにいてもチャージすることが可能です。

バンドルカードはスマホのアプリによるバーチャルカードとプラスチック製のリアルカードがあり、どちらで支払いをしてもすべてスマホで記録を確認ができ、ある意味、ちょっとした家計簿のように使うことができます。

 

例えば今月の出費はこれだけにしようと決めてその分をチャージし、バンドルカードで支払いをすれば、支出はすべて記録してくれる、当然残高も分かります。

お金の管理が非常にやりやすいんですね。

 

チャージはコンビニカウンター、銀行ATMなどで行うことができます。

 

そしてチャージ方法の中で特筆すべきはポチッとチャージ。

 

これは一時的にバンドルカードの運営会社から借金する形でチャージする方法です。

よくあるチャージ方式のカードは手元にお金が無いと、要はチャージが出来ないとカード利用ができなくなります。

もちろんそのことがチャージ方式カードの良さではあります。

しかし緊急な物入りに対応できないという融通の利かなさがあるわけです。

 

バンドルカードのポチッとチャージは、通常のクレジットカードのリボ払いのように延々と借金をするシステムとは違います。

上限2万円の範囲内で緊急にお金を借り受け、チャージすることが可能なのです。

返済は翌月末までに手数料(借入金3,000〜10,000円で500円、11,000〜20,000円で800円)を加えて支払います。

このシステムならば気がついたら大きな借金になってしまったというようなクレジット会社の罠にはまることなく、ちょっとした緊急の支出に対応することが可能です。

手数料は800円以下であり、『ちょっとお金を貸してくれてありがとう』という感謝の気持ちとしては妥当なレベルではないかと思います。

 

バンドルカードはクレジットカードによる借金膨大化の危険性を回避しつつ、カードの利便性を担保してくれており、カードの新しい形になりうるのではないかと注目をしております。

まずはアプリをダウンロードして色々と確かめてみてくださいね。

詳しくはこちら。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ぼろ儲けイメージ

ビットコインの資産は課税対象って本当ですか?

生命球

仮想通貨マイニングと自然エネルギー発電による生命球構想

願い事をするマフラーと手袋をした女性

正月のお祝いと初詣はそもそも目的が違う!?知ってましたか?

韓国

慰安婦問題は朝鮮民族の問題性を象徴している!

3つの心得で鳥インフルエンザ対策をして、生活をエンジョイしよう!

イートインコーナー3

コンビニはコンビニエンスストアーからマルチコンビニスポットへ