ビットコインを買う前に、絶対に考えておくべき1つのこと

Purchase of bit coin

これだけ話題になっているし、ひとつ買ってみようかな、ビットコイン。

そんな風に考えている人は多いと思います。

私も買いました。

少し。

 

比較的気楽な気持ちで買いましたので、正直言って、よく勉強していなかったんですね。

ビットコインとはいかなるものか、といった仕組み的なことは勉強しました。

しかし肝心のこと(利用方法や保存方法など)をあまり研究していなかったため、ちょっと損したなと後悔しているんです。

 

そんな私の失敗談をもとに、これからコインをはじめて買おうという人に簡単な、しかし大変に重要なアドバイスをさせていただきます。

参考にしていただければ嬉しいです。

ビットコインを買う前に、絶対に考えておくべき1つのこと

ビットコイン

ビットコインを買おうかなと思っているあなたに質問です。

 

「何のためにビットコインを買うのですか?」

 

一瞬、ぐっと言葉に詰まるかもしれませんね。

改めて聞かれると何と答えればいいのか?

 

日本人のビットコインの購入目的が、『実際の決済手段として利用するため』というケースはまだかなりレアなのではないかと思われます。

 

ほとんどの日本人は、とりあえずビットコインを買ってみて、値段が上がればラッキー、仮に無くなってもOKという金額で購入しているのではないでしょうか。

 

例えば5万円だけ買ってみましたという人は、投機目的で買いましたとは言いづらいでしょうね。

実は私はそのレベルの意識で購入しました。(苦笑)

ビットコインが高騰するにつれ意識レベルが変化(欲が出た… (* ̄▽ ̄)ノ

財布の中の札束

私は2017年の初めにビットコインを購入し、ほとんど放ったらかしにしていました。

しばらく買ったことすら忘れていました。

 

しかしどうもビットコインが大変なことになっているぞ、ということに気がつき、ウォレット(ビットコインの財布)を久しぶりに覗いてみて、ビックリしたんですね。

桁が違っていましたから。

 

それから、もう少しビットコインについて勉強をし始めました。

 

自分がはじめに使っていたウェブウォレットが比較的脆弱で、ビットコインを盗まれやすいということやら、送金手数料が安いと言われているのにウォレットによってはびっくりするほど高くなってしまうということなどなど。

 

実際たくさんの失敗をしました。

 

お恥ずかしいのですが、ここでは私の失敗談をベースに記事を書きます。

このような形で失敗するから、初めからこうしておいた方が良いよ、という感じですね。

初めに、「何のためにビットコインを買うのですか?」という質問をしたのは、それによってどんなツールを使うべきかが変わってくるからです。

私はそこが曖昧だったので、バタバタとウォレットを使いまわしする羽目になってしまったのです。

ビットコイン取引所の選定

たくさんの取引所がありますが、初めてビットコインを購入するのであれば、日本円の入金方法豊富さ、ビットコインの送金手数料の安さなどを比較して取引所を決めるのが良いと考えますが、どこも似たり寄ったりです。
(ここではコインの売買取引を行うことは除外して考えます。)

 

取引所は今でも10社程度あり、今後どんどん増えていくでしょう。

そんな中でどの取引所を使うかは迷うところですが、とりあえずは大手、有名取引所を使うのが無難です。

 

それなりに安心してお勧めできるのが、

bitflyer

coincheck

です。

どちらも、銀行振込、コンビニ振込、クレジットカードでの日本円入金が可能で、ビットコインの送金手数料は0.0005BTCで安いほうです。

またコイン取引(コイン同士の売買)も可能です。

大変に使い易い取引所です。

 

それらの取引所で、まずはアカウントを作成しましょう。

運転免許証、保険証などの身分証明書が必要で、数日程度の時間を要します。

bitflyerはこちらから

bitcoinはこちらから

ビットコインの保管方法

ビットコイン

購入したビットコインを取引所に長期間置いておくのは良くありません。

ハッカーから狙われる可能性が一番高いのは取引所であると言われており、現に盗難事件も多く発生しています。

 

コインの売買取引を行わないのであれば、さっさと個人のウォレットに移してしまいましょう。

 

だたしここで知って置いていただきたいことがあります。

ウォレットにはいくつかの種類があり、それぞれ長所、短所を持っているのです。

 

ウォレットは大きくは4種類があり、ハッカーから狙われにくい順番で説明します。

  1. ペーパーウォレット
    ビットコインアドレス、秘密鍵の情報を、QRコードにして紙に印刷して保管する方法です。ネットを通してハッカーから狙われることは考えられませんが、紙の保管を考えるとあまりお勧めできません。
  2. ハードウェアウォレット
    秘密鍵などの情報を保管する専用機器。

    秘密鍵などを外部に漏らさないように設計された直種チップなど使用しています。

    ユーザーの認証システムは堅牢であり、使い勝手、安全レベルを考えると、資産管理に最も適したウォレットと言えます。

    ウォレットというよりも金庫というのが適した表現でしょう。

    街中でショッピングといった用途には適さないです。
  3. モバイルウォレット、デスクトップウォレット
    スマホ、パソコンにビットコインアドレス、秘密鍵を保存します。

    これはネットに繋いでいる間はハッキングの可能性がゼロではないということと、パスワード忘れ、機器の故障や紛失などにあった場合、バックアップがなければビットコインそのものを失ってしまうリスクがあります。

    専用アプリなどを使うことができ、ショッピングなどでの利便性は高いと言えるでしょう。
  4. ウェブウォレット
    ネット上にビットコインアドレス、秘密鍵を保存するため、様々な機器で利用が可能である一方、ハッキングの可能性が高くなります。

    ショッピングなどでの利便性は高いです。

 

では自分はどのウォレットを選べば良いのでしょうか?

 

「何のためにビットコインを購入するのですか?」

という質問への答えは、ウォレットを選ぶ際の基準になります。

 

ここではビットコインの購入目的を

  • 買い物(街中での買い物、ネット上での買い物)
  • 資産として長期保存

と仮に考えると、ズバリおすすめなのは、

買い物用途 → モバイルウォレット
資産として長期保存 → ハードウェアウォレット

となります。

モバイルウォレットには、

Mycelium、Airbitz、breadwallet、Copay、Jaxxなどがあります。

ハードウェアウォレットには、

Trezor、Ledger NanoSなどがあります。

 

ちなみに私は、Copay、Trezorの組み合わせで使っています。

こちらもどうぞ!

BIT倶楽部

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

雪道

北国の人が教える雪道での歩き方、靴選び!

miner bitcoin cryptocurrency

GMOがビットコイン事業にかける本気の姿勢が嬉しい!

バンドルカード

仮想通貨(ビットコイン)を現実世界で使うための魔法のカード

生命球

仮想通貨マイニングと自然エネルギー発電による生命球構想

愛用の財布

新しいスタイルの財布(サイフ)には現金を入れない!

3つの心得で鳥インフルエンザ対策をして、生活をエンジョイしよう!